幼稚園の子とまだ0歳の子に英語で子育てしています。 世の中で反対する人もいるんですが、やっぱり幼児期に英語をやらせても意味なんでしょうか? 上の子は英語を話したり、簡単なことは理解したりしています。この先はどうしていいかわかりませんが、今のところやってよかったと思っています。 意味がなくならないようにしたいのでどうしたらいいか教えてください。

結論から言うと、色々な意見はあっていいと思います。 私自身は基本的に「愛情を持ってその子のためにママパパが一生懸命やったことが大正解」だと思っているのでママパパが幼児期に英語子育てをしてあげたいと思うのであればそれがそのお子さんにとっての大正解だと思います。 ただ親ができるのは幼児期のみで、その後はその子の意思やモチベーションなどが関係してくるので、そこまで見守る必要はあります。 今の時代、英語は必要だと思うので、子供の意思が関わってくるところを英語のみならず、何事も結果を出すために「努力ができる人」になれるよう、どう導くかが1番重要だとは思います。

また「日本で活躍する国際人」になるか、「海外に溶け込む国際人になるか」でも変わってくるのでそのあたりも含めて解説します。

【この記事の根拠】
●記事の執筆者である自分は帰国子女でもハーフでもバイリンガルでもなく
英語はちょっとできるレベル(英検準1級、TOEIC875)

●娘の現在(2019年1月現在 20歳)
・英検1級(中3の時)
・TOEFL iBT: 106
・IELTS:8.0

●子育ての過程で経験したこと
英語子育て、親子留学(カナダ)、インターナショナルスクール(日本)、公立中学、高校受験、高校留学、国際系大学受験、海外大学受験、学校評定アップのための個別塾、家
庭教師活用

【この記事の対象】

①子育て中のママ、パパ :英語教育って大切だけどどうすればいい?

②中高生のママパパ:将来は国際的に活躍したいと言っているけれどどの程度まで英語力が必要なんだろうか?

③大学生のママパパ:外資系や国際的な仕事に就きたいようだけれど必要だけれど、どの英語資格がいいんだろう?

【この記事を読むとどうなる?】

①ご自身のお子さんにとっての英語教育のゴール設定ができる

②国際的に活躍するために何を学び、どの時期にどの程度の英語力が必要かがわかる

③英語ができます!と言える就活をするためにはこれを学ぶべき!がわかる。

以下のContentsの順番にお話していきます

スポンサードサーチ

幼児に英語やらせても意味ない?:国際人を目指せばいい

国際人ってそもそもなんだろう?
というところからから考えると色々と意見も出ると思います。

2種類の国際人

1 日本で英語を使う仕事をいつも、または時々している人

2 海外(ここで言うのは英語圏のことですが)にとけこんでいる人

どちらが国際人かというと、どちらも国際人だと思います。

上記の1と2の違いは

1 言語的には問題なく英語を使ってコミュニケーションがが取れるが
海外に住むとなるとストレスを感じる人が多い

2 言語的にも文化的にも問題なく、
日本も英語圏もほぼストレスなく暮らせるタイプだがどちらかというと日本らしい文化には溶け込みにくい人が多い

幼児に英語やらせても意味がない?:
英語の成績だけ良くても意味ない

英語ってそもそも何のために学ぶのかというと、英語を使うためですよね。

英語で世界中の人たちとコミュニケーションを取るためのものですよね。

そんなこと当たり前だよ!って思うかもしれません。

成績のため・受験のため・就職のため

かなり多くの方々が、
英語を学ぶ意味は

成績のため、
受験のため、
就職のため、

などと思っているのではないでしょうか?

でも

英語っていう科目だけは成績がいいだけではあまり意味がないですよね。

言語なので使えてようやく学んだ意味が出てくるのではないかと思います。

中高生のみんな〜 目的がズレてないか?

そもそもその目的のズレがあるから、対策だったり、必要なことは何なのかがわからなくなって「英語教育の迷い子」のようになっている人が増えているのだと思います。

英語って・・・
学ぶなら使えるようになるまで学ばないと意味がないって最初から思って学びはじめると結果も違ってきます。

でも日本人の多くが成績のため、受験のため、いい就職をするため・・・であって決してその言語を使って仕事をする、親友を作る、恋愛をする、その言語の国に住む・・・などという方向に気持ちが向いていませんよね。

英語をアルファベットを並べるルールを覚えたり、暗号のように単語を覚えたりするだけの人がほとんどではないでしょうか。

今まさに学んでいるその英語という学問が、本当にどこかの国では日常に人々が使っているんだ、という意識さえなくテスト勉強をしている中高生が、日本にはたくさんいると思います。 中高生の頃のわたしがまさにそうだったように。

国際人に必要な英語資格はこれ!

海外で活躍している人や、日本の商社、大手銀行などビジネスで英語を使っている方々にうかがってみると、

「TOEICでは満点でも仕事はできない!」

と言います。


✴︎TOEFLとTOEICの違いという記事に詳しく書いています。

【簡単にいうとTOEICは】
・天気予報が聞けるか

・セールのチラシが読めるか

・今日は一時的に水道の水が濁りますのお知らせが読めるか

要するに・・・
英語圏で主婦(夫)になれるかテストと言ってもいいと思います。

【反対にTOEFLやIELTSは】
・英語圏の小中高の教科書が読めるか

・英語圏の小中高の授業が聞けるか

・英語圏の小中高生のようなスピーチができるか

・英語圏の小中高生のようなエッセイが書けるか

という試験です。

結論をいうと、国際人になるにはズバリTOEFLかIELTSです。

英語を使って国際的に活躍したいと言いつつ、英語圏の小学生レベルに達していないって・・・おかしいでしょ!ということになります。

国際人を目指すなら
赤ちゃんも、幼稚園生も、小学生も、中学生も、高校生も、大学生も
TOEFLの高得点(iBT100以上)をゴールにすれば間違いなし!
✴︎英検1級=TOEFL iBT85 前後

え〜!! そんなの無理〜!!って思うかもしれませんが、海外経験ゼロで英検2級の高校生が1年本気になるとTOEFL iBT100に届きます。
本当です!もちろん「本気になれば!」です。

要するに!どれだけ本気で自分の人生のフィールドを国際的にしていきたいか! っていう思いの強さの度合いでゴール達成するかどうかが決まります!

2種類の国際人のうち「海外溶け込みタイプ」になるには?

TOEFL iBTのスコアが高いなどだけで英語を使ってコミュニケーションが上手に取れるでしょうか?

英語を学んだだけで海外の方とコミュニケーションが上手に取れるでしょうか?

英語を学んだだけで海外で気分よく暮らせるでしょうか?

答えはNOの人が多いです。

じゃあ、留学すればいいの?

Ruru

英語を使って日本でしっかり仕事する、というよりはうちの子は海外が大好きで海外に住みたいとか言っているので留学させちゃえばいいでしょうか? 英語も文化も一度に吸収して海外に溶け込めるタイプに簡単になれますか?

数ヶ月、1年、3年留学しても、「英語力アップのための留学」であれば「とけこむレベル」にはなりません。なぜなら英語がそもそもできないのに、その次の「溶け込むレベル」にはなれないからです。

ただ

その留学を通して海外が好きになったり、とけこみたいって思えたとしたら
それは「とけこむレベル」の素晴らしい「きっかけ」だと思います。

【留学の種類】
①語学研修
英語をがんばりたい!というスイッチを入れる留学
→短期語学研修、サマーキャンプのようなもの

②高校留学
・私費留学:高校に半年〜10ヶ月 留学をする
・交換留学:留学団体や学校を通して10ヶ月間留学する
・高校卒業留学
→高校卒業を目的として2年〜3年留学をする

④大学留学
・大学交換留学:高いTOEFL iBTがあると海外学費不要、留年しない
・大学私費留学:海外学費必要、留年する
・大学正規留学:大学1年で入学し、卒業に必要な単位を取得して卒業

英語圏にとけこむためにオススメなこと

●小さい頃の留学で海外大好きエッセンスを入れておく(短期でOK)

●小さい頃から海外の番組や映画を見せておく

●ハグをするなど海外文化を家庭でも取り入れる

●パパママも海外大好き

●日頃から洋楽を流しておく

●住む場所が日本なら家庭内をなるべく海外にしてみる

●小説などを英語で読む習慣をつけさせる

●海外雑誌でもいいので英語の活字を読ませる

●海外大好きだからこそ英検がんばって早めに2級くらい取得する

●海外大好きだから高校1年留学をする(できれば)

●高校生の間に短期でも留学してみる(できれば)

●高校3年までにTOEFL iBT100以上を目指す!(大学受験に使える)

●大学交換留学をする(大学生の時だけ得られるチャンス 学費無料)

上記のどこかが欠けていても以下のポイントをおさえておけばOK!

【最大のポイントはこの2つが両方あること】
①英語、英語圏に憧れがある、大好き!をずっとキープする

②好きなだけではなく、「TOEFLスコア」という形にする

文化のバイリンガル教育という考え方

東京と大阪の文化の比較から考える

わたしは東京出身です。
そんなわたしが大阪住むことになったとしましょう。

友達を作るにしても営業職などでお客様の信頼を得るにしても、大阪だと東京のようには上手にできる自信はありません。

いったいなぜそう思うのでしょうか?

それは東京と大阪では文化が違うからです。

話すテンポも違うし、ボケとツッコミなどがあるなど空気感が東京とは全く違うので、東京と同じようにしても東京とは同じように友達を作れないだろうし、ましてや東京と同じようにお客様の信頼は得られないと思います。

年齢における文化の違いから考える

わたしは2019年現在、20歳の娘がいるわけですから、40代後半です。

そんなわたしが魔法使いさんにお願いして見た目が女子高生に変身させてもらって高校に潜入したとします。
見た目はどこからどう見ても高校生なのですが、話しかけたりすると周りの本物の高校生からちょっと変な人だと思われると思います。
話し方、ノリ、流行りの話し方をしていないからでしょう。

年齢の差にも「文化の差」がありますね。

文化のバイリンガル 結論

そうなんです。
話す言語は同じでも文化、空気感、時代、流行・・・などがわからないとコミュニケーションは上手にできないんですね。

そこで言語に続いて、文化のバイリンガルであることも国際人にとって必要になってくると気づきます。

英語が世界中で多く話されていることを事実として考えると、まずは英語圏の文化はある程度知っておくとよいのではと思います。

英語圏に旅行でも留学でも行ってみるのって大事

英語圏の文化を理解して、できればその国で少し暮らしてみるなどしてみると
馴染み方がわかってくると思います。

英語を学ぶ上で現地に行くことってとても大切なことだと思います。

小さい頃の留学でも高校でも大学でも大人になってからでも、現地に行ってみると「英語という言語」の先にある「文化」「ノリ」がわかり、より英語、海外が大好きになることでしょう!

文化についての結論

国際人を目指すなら言語のバイリンガルと英語圏の文化の「理解」が必要

「海外に溶け込むレベルの国際人」を目指すなら「文化のバイリンガル」になることも必要

英語圏に溶け込むなら:ダンス、歌、運転

歌とダンス

歌とダンス歌って踊れると英語圏の文化に馴染みやすいです。
海外ドラマや洋画を見ていても感じることですが、パーティーなどで歌ったり踊ったりします。

恥ずかしがっていたりするより中に入れる方が友達は作りやすいと思います。

運転能力

歌って踊る・・・

それ以上に大事なのは車の運転です。
日本のようにどこに行くにもバスや電車がが充実しているわけではないのが
アメリカやカナダです。

ここでわたしが体験した一つのエピソードをお話したいと思います。

【車がなかった時のストーリー】

わたしがカナダのバンクーバーに住み始めた時のことです。
クリスマスツリーを購入しましたがバスだったので宅配で運んでもらうようにレジでお願いしました。

すると店員さんが

「宅配? そんなサービスあったっけ? え? 車まで運ぶよ。 どこの駐車場?」

と聞いてきたので、

「車は持っていないんです。 日本から来たばかりなので」

と答えると、

「じゃあ友達に車で来てもらえば?」

と言われましたが、

「日本から来たばかりで友達もまだいないんです」

と答えると、それは困ったという顔をしてからレジの下から太い宅配について書かれた冊子を出してきて、

「あったあった、こんなの長くここで働いているけれど使ったことないな」

と言いながらも宅配サービスにしてくれました。

このエピソードからもわかるように、車がない人、車の運転ができない人なんていないんですね。

【車がないとお買い物大変!】

お買い物をしても、洗剤もミルクも4リットルとか本当に大きくて少し買っただけでも手で持って帰るのは大変です。

大きな登山用のリュックを背負ってしばらくは頑張りましたが腰が痛くなるといけないと思い、中古で車を買いました。

【左ハンドル左側通行】

左ハンドルだし、交通も逆なので最初は慣れなくて初心者レベルみたいな運転になってしまいましたが1ヶ月ほどですぐに慣れました。

日本でしっかり運転できていれば、海外は道路が広いので楽勝です!

バイリンガル教育の問題点 :まとめ

日本の英語教育の問題点は英語を学ぶ意味から間違えている!
国際人になるためだと考えると情報収集したり、工夫したり、色々な環境を与えようとするでしょう。

国際人とは・・・
1 言語のバイリンガル

2 文化のバイリンガル

・日本メインで仕事するなら文化の理解レベルでOK
・英語圏に溶け込むなら文化に融合できるレベルまで必要

3 英語圏で暮らすなら:歌って踊れること(上手じゃなくてもいいから)

4 英語圏で暮らすなら:車の運転ができること

幼児に英語やらせても意味ないなんて言わせない:国際人を目指す(年齢別行動計画)

赤ちゃんから幼稚園までのママパパへ

とにかく家で英語漬けにできるようにママやパパが音声、映像を選んであげて
日々、聞かせてあげましょう。
下手な発音でもいいので、簡単なことを話しかけてあげましょう。

✴︎以下の小学生以上の項目を見て、今しておくべきことを考えましょう。

小学生のママパパへ

聞かせたり見せたりを強制すると嫌がる年齢なので「ママが好きだから」とかいう理由でいいので英語の映像や音楽を流す時間を作りましょう。

できれば夏休みなどに楽しいサマーキャンプに入れてあげるとよいでしょう。

中学生のママパパへ

洋楽が好きになるといいですね。
また英検を中3までに2級を最低でも目指させましょう。

文法をしっかりやりましょう!
文法がズレるとここからの英語全てがズレます

✴︎今の大学受験は英検準1級からのスタートです。
高2の夏前に準1級があると早慶上智以上を目指せると思います。

高校留学を考えているのであれば、できれば中学生で準1級あるといいです。

高校生のママパパ、そしてご本人へ

【準1級は早めに】

準1級ない人はそこまでは英検をがんばりましょう。
準1級をなるべく高1の終わり、もしくは高2の最初に取得しておかないとバイリンガルどころか、大学受験で困りますよ。
今の早慶上智の英語は準1級ギリギリ受かったレベルでは厳しいですよ。

パパママの時代の英語力基準じゃないので気をつけましょう

【単語力と文法力アップ】

そのためにも単語力アップと英文法の完成を早めにやってしまいましょう。

なんとなく読める話せるけれど文法がズレているとそこから全て失敗します。
ぐちゃぐちゃの文章を話しても書いても国際人になれないし大学も不合格。

【TOEFLの高スコアを目指す】

英検準1級取得後はTOEFLの学習に移りましょう。

高2までにTOEFL iBT90-100くらいあれば、どの大学学部の過去問も
英語に関しては楽勝になるので、高3でその他科目に集中できます。

【TOEFL iBT100を早めに取得するとトクな理由】

・TOEFLのスコアを利用できる入試も増えていますね。

・英語が余裕だと国公立も目指せますね!

・理系でも高3の時には理系科目に集中できるので楽ですね。

・国際系大学AO入試の場合は英文志望理由書は英語面接対策に集中できます。

・日本語系AO入試の場合は小論文、課題論文、志望理由書に専念できます。

・大学受験は早めの英語完成が志望校合格のカギです。

・大学でお得に交換留学にも行けますね。

・国内大学院もTOEFLが必要なところが増えています。 学会が英語だからでしょう。 そんな時もスコアが既にあるとラクですね。

・海外大学院にはTOEFL100以上はもちろん、GREかGMATというのも必要になるのでTOEFL100以上ないと太刀打ちできませんが、すでにあれば楽勝です。

すでに大学生だけど英語力低いという方へ

もう間に合わない!
なんてことはありません!

まだこれから社会人になるわけですからまだまだ大丈夫!

どういう大人になりたいかのゴール設定をしっかりしてください。

国際人を目指すのであれば(目指さずとも必要な時代になりますが)TOEFLのスコアを意識してがんばりましょう!

高校生のところで書いた流れと同じです。

準1級がまだの場合はまずそこをがんばって、その後にTOEFLです。

できれば大学交換留学を目指そう!

大学3年の11月にボストンキャリアフォーラムに参加しましょう!
(高い英語力や留学経験などが活かせる就活です)

https://careerforum.net/ja/event/

様々な時期に帰国した帰国子女のママパパへ

行った時期、によって注意することは異なります。
↓の記事を参考にされてみてください。

それぞれが目指すゴールに向かってしっかり計画し、ママパパがしっかりその子の希望に合う未来に導いてあげれば幼児期の英語が意味ないなんてことはありませんよ!  愛を持って最後までこどもの幸せを見守って導いていきましょう!

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ