小さい頃に英語をやらせておいた方がいいのはわかるんだけど、幼児英語の教え方が知りたいな。 どんな教材がいいんだろう? そもそも幼児英語ってやった方がいいのかな?

そう言った疑問にお答えします。

結論から言ってしまうと幼児英語の教え方は教えないことが正解です。
とはいえ、わたしは幼児英語反対派ではありません。幼児英語はやるかやらないかの議論をするまでもなく、やるべきだと思っています。
この方法は、子供が将来、英語の成績で5を取るためじゃなく、一度きりの愛する子供の人生の幅が世界に広がる第一歩になる方法です。

【英語を教えないで幼児英語をする方法と手順】

①幼児英語の教え方は教えないこと(理由解説)
②幼児英語の教え方は英語環境を与えるだけ(環境を与える教材は2つ)
③お家をネイティブのお家に近づけるのが幼児英語の教え方(やり方付き)
④幼児英語している、していないは受験の格差社会を生んでいる話
⑤日本語と英語を完成させる時期は幼児期じゃない(時期と方法解説)

この記事を書いている私は、他人の意見を見聞きしただけで語っているのではありません。実際に英語も日本語も21歳として完成している子供を育てた経験で語っています。娘の英語力はTOEFL iBT106, IELTS8.0, 英検1級中3で取得。偏差値70前後の私立高校の3年間の学校成績は4.5/5.0 。 わりと両言語がバランスよく仕上がったと思います。
そういった環境で子育てをしてきたので周りにも英語子育て→バイリンガルで優秀な20歳に育てたママ友をかなり多く知っています。

以下のContentsの流れで解説していきます

スポンサードサーチ

幼児英語の教え方は教えないこと

何度も言いますが、幼児英語の教え方の1番大切なことは教えないことです。

【なぜ? 幼児には英語を教えたらいけないの?】

それは乳幼児は環境に入れるだけで、たとえその子がおバカさんでも英語はペラッペラになるからです。 それはもう、この時期しかその特権はないんです。 それなのに中高生になってからでもできる「教える」という感覚がママパパにあったらもったいないです。

【例えば・・・】

いくら日本人の子供でも、もし養子縁組などでネイティブのご両親がお子さんを育てたとしたら? 教えなくても自然に英語はペラペラになりますよね。 私もカナダでアジア系の顔をした子供を白人のネイティブが育てているのを何名か見たことがあります。 海外では養子にするってけっこうよくあることなので誰も驚きません。 その子は英語がペラペラ、というか、普通にカナダ人です。 その子を養子にしたママパパは英語を教えていないはずです。 「 英語でその子を育てているだけ」です。 「英語を教える」という概念はそのママパパにはないはずです。

【だから! 幼児には英語を教えないのが教え方】

中高生になったら嫌でも英語を教わります。 やる気がなくても嫌いでもやるしかありません。 まだ小さい子にその時期と同じ思いをさせたらかわいそうですね。 教材を買ったら教えないといけない、上達させないといけない、などと子供に「させる」という意識を捨てた方がいいっです。

「英語環境を作るのは親がすること」、「親の役割」と思っているとうまくいきますし、子供は楽しく自然に英語を習得していきます。

ちょっとした違いなんですが強制する感覚とかがあるとよくないですね。

❌教える
❌上達させる
❌言わせる
❌見せる
❌聞かせる

⭕️英語の動画を流しておく
⭕️英語の音楽や音声を流しておく
⭕️英語で自然に話しかける
⭕️英語の絵本を読んであげる

※英語で話しかけるとか無理っていう方は読み進めていただくとやり方を解説していますので参考になさってみてください。 私も帰国子女でもなんでもないので、英語は得意とは言えないのでご安心ください。

【わたしが↑を実行したら娘が!】

私は英語の動画や音楽をかけ流し、英語で自然に(下手くそだけど)語りかけ、英語の絵本を下手くそながら読んであげていたら、「お子さんはハーフですか?」とか聞かれたり、英語の塾とか行かずに英検を1級までストレート合格しちゃったり、TOEFL iBTを初回で100越えしたり、今年はアメリカのディズニーインターンシップに合格したり、カナダでAmazonのインターンシップに合格したり・・・かなり娘の人生がわくわくハッピーになってきています。

では実際にどんな教材を使って?っていうお話をします。

幼児英語の教え方は英語環境を与えるだけ(環境を与える教材は2つ)

Ruru

じゃあ、英語の動画や音声ってどうやって選んだらいいの?

幼児に英語を教えないで英語環境を作る、しかも自然に作るっていう視点で考えると、教材は段階別に1つずつで合計2つしかないと思っています。

【英語環境で子育てをする教材は2つだけ】

①自然に英語環境を作る段階

ディズニーの英語システム

②英語で何かをネイティブから学ぶ段階

Global Step Academy(オンラインインターナショナルスクール)

なぜ英語環境作りにはディズニー英語システムなの?

⇨ディズニーの英語システム公式サイトはこちら

理由は3つです。

①動画や音声の数が豊富にある
②親子で真似っこできる動画がたくさんある
③動画と絵本と音声がリンクしているので基礎的な単語や構文が親子で自然に着実に習得できる
④英語をやっていない子でも知っているディズニーなので英語のために特別にさせられている感がない
⑤ディズニーランドやディズニーシーがあるので、さらに好きになり継続できる
⑥ディズニーのその他動画に移行しやすいので次々に高度な英語に触れられる

1つ1つ解説していきます

①動画や音声の数が豊富にある

子供は好きになると何度も見ますが、と同時に飽きたらもう見なくなります。 種類が多いので飽きることなく、次々に新鮮な動画や音声に触れさせてあげられるから続けられます。

②親子で真似っこができる動画がたくさんある

見ているだけだと受け身です。 でもママパパが動画でしていることと同じことをしてくれたり、言ってくれたりすることで、「英語が現実化」します。 ここ、非常に重要です。 英語って言語なので、Hide=隠れるということを実際にしてみないと実感しません。 Up とDownも実際に動作とともにやってもらわないと実感しません。 動詞、名詞、形容詞を実際の生活の中で体感しながら、単語だけでなく、フレーズで理解していくことができるので、ネイティブの子と同じ感覚で英語を習得していけます。

③動画と絵本と音声がリンクしているので基礎的な単語や構文が親子で自然に着実に習得できる

何かを覚える時って、この本でも見た、あの本でも見た、テレビでもやってた、となると覚えますよね。 言葉も人の顔も名前も知識も全て、何度か違うところで出会う情報は確実に覚えていくことができます。 ディズニー英語システムは動画と絵本と音声がリンクしているので、動画を見ない時でも音声を流しておいたり、ママパパと遊びたい時は絵本を使って遊ぶこともできます。 動画に出てくるおもちゃがセットになっているので、動画に出てくる親子と同じことが家でもできます。 ここ、本当に子供は喜びますね。

私みたいに親が英語が苦手でも、同じフレーズに動画でも音声でも絵本でも出会えるので自然に習得できますし、それを真似っこして子供に話しかけられるようにまでなれます。 まずは親にとっての良い英語教材になると実感するはず。 私はそこにまず感動しました。 赤ちゃんレベルから徐々に習得していくとこんなに英語が自然に口から出るんだなって感じました。 頭の固い親でも英語習得できるので、頭の柔らかい子供はものすごいスピードで吸収しちゃいますよ。

④英語をやっていない子でも知っているディズニーなので英語のために特別にさせられている感がない

その教材でしか見ないキャラクターとかだと、友達が遊びに来た時に「おい、なんだよこれ」なんて言われちゃうと、その瞬間に「あれ?これってダサいのか?」と認識するともう見なくなったりするとよく聞きます。 ディズニーなんでそんなことはなく、ディズニー英語システムを知らない子が遊びに来ても、「へ〜 ディズニーの英語なんだ〜」みたいになって友達まで自然に受け入れちゃいます。 そこ、とても大事ですよ。

⑤ディズニーランドやディズニーシーがあるので、さらに好きになり継続できる

しかもディズニーランド、ディズニーシーがあります! 小さい頃から親しんでいるキャラクターに実際にあんな素敵な夢の国で会えちゃうんですから、嫌いになるはずがありませんね。 あの夢のような楽園でミッキーたちに出会えたら、さらに好きになって、継続もしやすいです。

⑥ディズニーのその他動画に移行しやすいので次々に高度な英語に触れられる

ディズニー英語システムだともう簡単すぎるかな? もう少し高度なものもかけ流してみようかな?と思う時期はきます。 そんな時にディズニー映画をかけ流しておくと、「あれ? ミッキーが出てる! グーフィーもいる!」 みたいにすんなりと見てくれるので、見せられる動画が増えまくるので、さらに高度な英語にも触れさせやすくなります。

⇨ディズニーの英語システム無料サンプルプレゼントはこちら

なぜ英語で何かを学ぶにはGlobal Step Academyなの?

⇨Global Step Academy公式サイトはこちら

これもまた「幼児英語の教え方は教えないこと」という概念につながります。
ディズニー英語システムで英語が自然になってきたら(ペラペラじゃなくていいです)、英語を日常で話す人に出会っても違和感はないはずです。 そして英語で何かを教わることも違和感はないはずです。

この、「違和感がない」時期にスタートさせてあげると1番いいです。
※違和感を感じる=子供が嫌がる、になるので

以下のオンラインインターナショナルスクールの動画をご覧いただくとわかると思うですが、まさに教えられていませんよね。 自然に「英語で」何かを学んでいます。 以下の動画を見て、「めっちゃいいじゃん!」って興奮したママパパはきっと今までこういう環境を探すのに苦労していた人だと思います。 ここに響いた=英語子育ての本質がわかっている、ということだと思います。

幼児から英語をスタートした子にとって、英語は学ぶものではなく自然に習得するもので、英語で何かを学ぶことが自然にできるようになるんです。

⇨Global Step Academy公式サイトはこちら

オンラインだけでなく、その先生たちに出会えたり、同じように英語を自然に習得している仲間に会えたりするのもすごく大切です。

●英語が「リアル」であること
●自分だけでなく同じように英語を自然習得している「仲間」がいること

この2つが日本で英語を習得していく上ですごく大切です。
ただ本来はすごくこの2つを叶えるのは難しいんですが、このGlobal Step Academyが叶えてくれます。

●年間240万以上の学費がかかる本物インターナショナルスクールに行くより断然安い
●留学で夏だけで50万以上払うより毎日のことなので効果が出る

⇨Global Step Academy 無料体験はこちら

③お家をネイティブのお家に近づけるのが幼児英語の教え方(やり方付き)

幼児英語の教え方を正しく言うとすれば・・・

親が幼児に話しかける英語を学んで子供に自然に話しかけるのが1番いい

Ruru

そうだなあとは思うけど、英語苦手過ぎて、英語で話しかけるなんてどうしたらいいんだろう?


簡単です。
まずはCan you~? と Can I~? の2つの言い方だけ覚えたらいいと思います。

Can you~?

〜してくれますか? という言い方です。
要するに、あなたは〜できますか? と聞いている感じですよね。

Can you play with me?
あなたはわたしと遊ぶことができますか?
→つまり、「一緒に遊んでくれる?」
って言う意味です。

これで色々言えます。

Can you be quiet, please?
→静かにしてもらえる?

Can you close the window, please?
→窓を閉めてもらえる?

Can you sit down, please?
→座ってもらえるかな?

みたいに。

Can you 動詞の原形にpleaseをつければいいだけです。

Can I~?

次にCan I~? は、〜してもいいですか? という意味です。
〜することができますか? と訳せますが、要するに、許可をもらえますか?
と言う意味になるので、以下のように使います。

Can I watch this DVD, please?
→このDVD見てもいい?

Can I eat this, please?
→これ、食べてもいい?

Can I go outside, please?
→外に行ってもいい?

みたいになります。

Please をつけてお願いした方が丁寧なので、子供にはそういう習慣をつけさせてあげましょう。

子供に言わせたい時はぬいぐるみを使う

例 1 Can you~? を自然に習得させたい時

ぬいぐるみ:Can you read this book, please?
この本、読んでもらえる?
ママ:Sure.
もちろん(と言ってぬいぐるみに読んであげる)

例 2 Can I~ ? を自然に習得させたい時

ママ:Can I play with you, please?
一緒に遊んでもいい?
子供:シーンとして何も言わない
ぬいぐるみ:Sure.
もちろん(ママはぬいぐるみと遊び始める)

こんな感じです。

NG:こういう時はSureっていうのよ、その意味は「もちろん」っていう意味よ
な〜んて言ったらダメダメです。
幼児英語の教え方は教えない→自然に習得させないと嫌がりますよ。

もっと話しかけたいと思う場合は以下の記事を参考にしてみてください。


【愛情たっぷり】英語子育て フレーズ 基本【朝から寝るまで】

英語子育てフレーズ 英文法練習

バイリンガル教育の方法:親の英語力UP方法

また日本語って大丈夫なの?っていう方は以下の記事を参考にしてみてください

乳幼児期のバイリンガル教育:日本語の心配


④幼児英語をするしないで受験の格差社会になっている話

【幼児期〜小学6年生までに英語ゼロの層はほぼいない話】

今って、幼児英語はある程度のママパパがなんらかの形ではやっていると思います。 めちゃくちゃ頑張っているかどうかというとそれぞれだと思うけれど、幼児期に英語に関する何かを全くやっていないっていう人が少なくなっていると思います。 しかも小学校でも英語をやるようになっているので、英語を学校以外でもやらせないとと思うママパパは増え続けていると思います。

だから幼児期に英語を全くやらせていない子は周りにかなりの差をつけられちゃう、と思います。

【入試改革やら時代のグローバル化から考えても英語は大事】

大学入試も英語4技能の資格試験が必須になってきたり、インターネットの普及どころじゃないくらいの時代になって、「英語」は単に教科ではなく、お皿を洗えるか、洗濯ができるか、のように、生きていくために必須スキル、のようになっています。

英語は「子供が興味があればやらせる」、というレベルではなく、生きていくための必須スキルと言っても過言ではないですね。

参考記事⇨2020年入試改革とこれからの子育て・バイリンガル教育

⑤日本語と英語を完成させる時期は幼児期じゃない(時期と方法解説)

受験勉強してる娘

【心配ばかりして何もしないと何も起こらない】

日本語との両立など、過度に色々心配する方がいますが、心配ばかりして何もしないので結局はバイリンガルになんかなりません。
乳幼児期のバイリンガル教育:日本語の心配
という記事でも伝えていますが、日本に住んでいて、日本の学校に行かせていれば日本語が話せなくなることはありません!(断言)
それどころか、英語環境を与え続けるのがどれだけ大変かを実感するはずです。
なぜなら友達との会話も授業も部活もテレビも日本語だらけだからです。
同じ環境を英語で与えるなんて日本にいる限りは無理です。

日本語や両言語のバランスを心配するより、英語を少しでもネイティブ環境に近づける方が大切です

【両言語をやっているのだから両言語ともにネイティブから遅れて当然】

当たり前のことなんですが、1言語しかやっていない子と比べれば、2つやってるので両方の発達は両方とも遅れます。 こんな当たり前のことを心配して英語をやらず日本語だけにしてしまう人がいます。 大人がフランス語と中国語を同時に習うよりは幼児期にやったらかなり上達するよっていうことです。 とはいえ、同時に、しかも日本語しかやっていない日本の子と比べたら日本語は遅れているし、英語のネイティブの子と比べたら英語は遅れています。

2言語やってるので周りより遅れていて当たり前のことなので気にしないで英語環境作った方がいいです

【両言語がある程度完成するのは受験を活用しよう】

2言語をするためには遅れている方の言語(日本にいれば中高生になれば普通は英語が日本語より遅れています)を真剣に上達させるために「努力する」ことが大切です。

Ruru

努力するためには英語を頑張ろうっていうモチベーションが必要だと思うけど、その頃には好きじゃないとやらないと思うんです。 どうしたらいいですか?

答えは、受験を活用です!
受験勉強をすると英語をやるしかありません。

今の時代は英語4技能が必要なので、小さい頃に基礎があると英語が得意はなず。 そこを褒めて褒めて、英語ができるとレベルの高い高校や大学に行けるよって言ってあげると頑張るはず。

【今の大学受験は英語4技能でTOEFL やIELTSの高スコアが必要】

大学受験は最高の言語完成ツールになります!

①大学受験で日本語が完成する理由

・AO入試なら学校評定が必要なので、現代文、世界史、日本史、生物などあらゆる分野の日本語に触れられるし、小論文などで日本語がかなり鍛えられます。

・一般入試ですと、初見の現代文が読めたりしないといけないし、記述問題もあらゆる科目で増えるので日本語力がかなりないと難しいので鍛えられます。

②大学受験で英語が完成する理由

・AO入試で国際系の大学(英語で授業の国内大学)に行く場合はTOEFL iBT100以上とか、IELTS7.5以上とかが必要になるので、スコアを気にして勉強していれば自然に英語は完成していきます。

・ AO入試で英語で授業の大学でない学部を選んだとしても、早慶MARCHだとTOEFL iBT80以上の英語力が必要になるので、昔の英検準1級レベル(TOEFL iBT65くらい)では太刀打ちできませんから自然に英語力アップの努力をします。

・ TOEFL iBT100というレベルはネイティブの中学生レベルです。 そのくらいまでになれたら、ある程度、日本人として英語は完成って言っていいと思います。 ここを利用しない手はないですね。

※もっと英語を完成させたい場合はSATも視野に入れるといいですね。 SATはいわゆるアメリカの共通テストなので現代文のアメリカバージョンが読めるようになるということになります。

参考記事はこちら↓

国際系学部の選び方(AO入試情報+英語で授業かどうか)

国内国際系学部(英語で授業)AO入試出願へのロードマップ

国内国際系学部(英語で授業の大学学部)ほぼ全て紹介

SATテスト 申し込み方法・内容・当日【裏技申し込み方法あり】


大学受験 AO入試とは?(国際系AO入試・日本語系AO入試)

【要するに幼児期に両言語のバランスは気にしちゃダメ】

両言語の完成って、どのレベルで完成というかは人それぞれだろうけれど、まあ普通に考えて・・・

①新聞が読める
②プレゼンができる
③ディスカッションができる
④失礼のない手紙やメールを大人に出せる
⑤他人と良い人間関係が作れる

ということではないでしょうか?
そう考えると、幼児期じゃないですよね、心配するのは・・・

どう考えても日本にいたら英語は日本語より不得意になるので、その分、幼児期に英語を先にやっちゃおう!っていうのが幼児英語の考え方では必要だと思います。

ではもう一度、大切なことを確認してみると・・・

①幼児英語の教え方は教えないこと(理由解説)
②幼児英語の教え方は英語環境を与えるだけ(環境を与える教材は2つ)
③お家をネイティブのお家に近づけるのが幼児英語の教え方(やり方付き)
④幼児英語している、していないは受験の格差社会を生んでいる話
⑤日本語と英語を完成させる時期は幼児期じゃない(時期と方法解説)

ディズニー英語システムのサンプルは無料だし、Global Step Academyのトライアルも無料なので、お子さんが成長しちゃう前に迷うよりはアクションを起こしてみても損はないと思います。

迷っているうちに子供がもはや幼児ではなくなるので注意が必要ですね。

色々なママパパを見ていて、幼児英語の方法論ではなく、ママパパの行動力があるないで幼児英語の成功はわりと決まるなあと思っています。

⇨ディズニーの英語システム無料サンプルプレゼントはこちら

⇨Global Step Academy 無料体験はこちら

一度きりの子供の人生を世界に羽ばたかせる前に親が最初の一歩を踏み出してあげましょう!



というわけで以上です。
質問はTwitterから受け付けますので、お気軽にどうぞ。
Borderless Kids(@borderlesskids)Twitter

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ