バイリンガル教育、英語子育てとかって、専門の教材があるみたいだけど、どれがいいんだろう? 色々あって迷うな・・・値段も色々だし、どの教材を使うとうまく行くんだろう? ディズニー英語システムはいいのかな? かなり高価だけど、それだけ効果があるってこと? 効果があるなら子供のために購入をしたいけど、その前に、効果があるとしたらその理由とか成功事例とかが知りたいな〜

結論!
今はたくさん出ていますが、20歳のバイリンガル娘を育てあげたわたしがもう一度子育てをするとしたらディズニー英語システムを再度選びます! その理由はディズニーそのものはアメリカの会社ということもあり、ディズニー英語システムにも英語圏の文化を知れる要素がたっぷりだからです。

【日本で4年間ディズニー英語システムだけで育てた結果】

・4歳でカナダの幼稚園に行った時にカナダ生まれだと間違えられた
・発音に外国人のクセはゼロでネイティブだと言われた
・両親が日本人で英語が得意ではないのに4歳でネイティブの4歳レベルだった
・海外の文化や遊びを理解していたのでカナダの幼稚園にすぐ馴染めた
・ハグやI love youの習慣もしっかり出来ていた
・カナダの幼稚園の先生やお友達との会話は全く問題なしだった
・仮定法、仮定法過去、関係代名詞、比較級など一通り文法を使って話していた


【その後の英語力は?】

英検2級、準1級:小学生で一発合格で取得
英検1級:中学生で一発合格で取得
TOEFL:4時間だけ学習しただけでTOEFL iBT106
IELTS:勉強せずに受けに行ったら初回でIELTS 8.0

以下のContentsの順番におすすめの理由をお話します。
なぜ英語圏のエッセンスが入った教材が必要なのかをお話してからディズニー英語システムの良さをお話します。 少しお付き合いください。

スポンサードサーチ

ディズニー英語システムの効果:英語圏の文化を学ぶ

バイリンガル教育は英語力向上のためだけでなく、英語圏の教育、文化、しつけ、考え方が得られる良さがあります。
バイリンガル子育ての良さは英語以上にそちらがあると思っています。

英語圏文化を取り入れる良さ

・Thinking of Others 
他者について考える

・Being A Team Player 
チームプレイヤー

・Being Responsible 
責任感

・Making Good Choices 
良い選択

・Making and Accepting Changes
変化する・変化を受け入れる

・Learning to Forgive
許すことを学ぶ

・Sharing and Giving
シェアすること、与えること

・Looking On The Bright Side
ポジティブな方向を見よう

この詳しい記事は以下を参考になさってください

ディズニー英語システムの効果:英語力+世界への順応性

日本人の頭と心をグローバル化しなければならない

日本人は日本から出なくても平和で幸せだった

日本人はバブル期の手前から令和までの間、平和ボケをして日本だけで完結して幸せに生きている感じになっていました。 テレビ中心に日本だけでニュースもお笑いもドラマも完結していて、日本語しか話せなくても楽しく暮らせていました。

インターネットの普及で国境がなくなりつつある

テレビを見ない若者が増え、テレビを見ているのはおじいちゃん、おばあちゃんばかりとなっている。 Youtubeを中心に小学生から年配の方までインターネットで情報を集め、SNSを通して世界とつながるようになった。

それでも英語ができない日本人

日本の英語教育のまずさから、これだけ国境がない時代になったのに英語ができない日本人はまだまだいる、というより英語ができない人ばかりだ。

日本の経済界、文科省はもうすでに動いている

英語ができない日本人より外国人労働者

英語ができない大人は不要だということで、外国人労働者(英語と日本語ができる)を雇う企業が増えてきて、日本人はどうなるんだ? という時代になってきている。

2020年になぜ入試改革?

2020年入試改革では世界に羽ばたける大人を育てるべく英語は4技能必須(Reading, Listening, Speaking, Writing)になりましたし、記述式の問題が増えて、意見が言える大人を育てようとしている動きです。
※↑が2020年に延期が決まりました。 
日本はグローバル化(開国)しようとすると邪魔が入る国ですね。

参考記事→2020年入試改革とこれからの子育て・バイリンガル教育

英語圏は意見がある大人を育てる教育

英語圏では小学生からプレゼンをしたり、エッセイを書いたり、ディスカッションをしたり、意見がある、意見を言える大人を育てる教育をしています。

英語圏は大学も偏差値で選ばず将来とつなげつつ選ぶ

英語圏では高校生から大学の学部を選定しつつ、ボランティアなど将来に役立つ活動をして、志望理由や自己PRなどのエッセイを提出して大学受験をするので大学でも将来のために真剣に学ぶ学生ばかり。

日本の大学受験と大学生活の現状

日本は、丸暗記をして偏差値を取って、マークシートで大学受験をして、行きたくないけど偏差値が高い大学学部に入学しがち。

日本の大学生活:サークル+恋愛+バイト+旅行+飲み会

日本の大学入試が世界に近づいてきている

以下を比較してみるとわかりますが、今、増えているAO入試は、世界の入試と同じです。 日本の教育は世界に並んできています。

【AO入試の合否基準】
高校3年間の学校成績+TOEFL or IELTS+志望理由書

【日本人が海外出願する場合の合否基準】
高校3年間の学校成績+TOEFL or IELTS+脂肪理由書+SAT(米国)

ということはつまり日本はグローバル化にすでに向かっています。

参考記事→大学受験 AO入試とは?(国際系AO入試・日本語系AO入試)

TOEFLのスコアが高くても海外に行けない若者の実態

英語学位の大学増加と比例して高校生の英語力が上がる

こんな中、国内に英語で授業の大学学部も増えて大学もグローバル化を目指し、そこに入学したい高校生たちもTOEFLの学習をスタートして英語力を上げてきています。
参考記事→国内国際系学部(英語で授業の大学学部)ほぼ全て紹介

英語ができる理由は優秀な人になりたい、させたいから

子供を「優秀にさせたい」大人と、「優秀になりたい」日本人の若者は多いので、英語が必要であれば英語力をあげましょう!という具合に英語力の高い若者は年々増えています。

TOEFL スコア高く、英検1級あっても英語圏に世界に馴染めない

英語力は上がっても、インターネットは普及しても、島国日本は日本文化から抜け出せずにいます。 日本文化を尊重するのは良いことですが、日本文化でしか生きられない日本人が多すぎて、英語ができて、世界に通用する日本人は少ないです。

英語できるけど海外とか無理〜 日本がいい〜 出たくない〜

英語ができても心が鎖国状態の日本人ばかり

ディズニー英語システムの効果:心の鎖国を取り外すことが日本人のグローバル化

今の日本人は時代の流れに乗れず、昔の当たり前をそのまま持ち続けて今を生きています。

以下はわたしが勝手に思う日本の印象と海外の印象の違いです。
勝手に思っていることですが、わりと当たっていると思っています。

【日本ってこんなとこ】

・男性は家事をしない人が多い
・女性が子供を育てると考えている男性が多い
・有名大学に行けば有名企業に入り安心安定が手に入るという方程式
・有名大学付属幼稚園や小学校に入れば早くから勝ち組という方程式
・海外は怖いが日本は安全という勘違い
・日本の食べ物は安心だけど海外は危険という勘違い
・日本にいれば安心なのに海外に住むのはあり得ないと考える人の多さ
・長男の嫁は大変という当たり前がいまだにある
・結婚って家と家の結婚でしょ?という考え方の人がいまだにいる
・育児休暇って女性だけでいいんじゃないの?なんていう男性がいる
・旦那さんに家事をさせるなんてよくない嫁という姑
・結婚すると女性が男性の家に入るみたいな考えがいまだにある
・妻は夫の実家で家事をするが夫は妻の実家で家事をしないのが普通
・結婚したら妻の誕生日を祝わない男性が多い
・結婚する前もしてからもI love you. 愛しているなんて言う人は少ない
・子供が歩けるようになるとハグが途端に少なくなる
・子供にきちんと言葉を使って褒めたり感謝を伝えたり注意したりしない
・怒鳴る、ヒステリーという怒り方をする親が多い

では海外はどうでしょうか?
上記と照らし合わせて書いてみます。

【英語圏ってこんな感じ】

・男性でも普通に家事をする
・子育ては男女問わず夫婦で協力する
・有名大学に行ってもGPA(成績)が悪いと思うように就職できない
・そもそも大学付属がないので幼稚園や小中で安心安定なんて有り得ない
・英語圏は危険地域もあるが安全なところもある
・日本の添加物の基準はかなり甘いが海外は厳しい
・英語圏は自分や子供の安全は自分で守る意識がある
・長男の嫁という考え方はそもそもない
・結婚しても親と一緒に住むという考え方がそもそもない
・育児休暇は男女ともに取得
・自分の息子が家庭的だと親は喜ぶ
・結婚は個人と個人のものだがお互いの家族は大切にする
・妻も夫もお互いの親の家を訪れたら手伝うべきことはする

・結婚したも妻の誕生日も記念日も祝うのが当然
・結婚する前もしてからもI love youを言わないと関係は終わる
・子供が高校生や大人になってもハグをし続ける文化
・子供にきちんと言葉を使って褒めて感謝して注意してしっかり伝える文化
・怒鳴る、ヒステリーという怒り方をすると虐待と言われる

世界に通用する常識や習慣を身に付けたい

世界に通用するような常識や習慣を未来を生きる子ども達が持つべきなのは、今後のグローバル化する世界において、英語が必要なことと同じように、必須だと思います。

令和の天皇陛下ご夫妻はグローバル化に対応

天皇陛下ご夫妻が世界の政治家や王族とお会いした時、総理大臣が海外の方と接する時に、グローバルスタンダードでいるように、我々一般の日本人もグローバルスタンダードな考え方、夫婦のあり方などを見直していくべきだと思います。

人間形成の大事な時期にこそ頭と心のグローバル化を!

せっかく英語子育てをするのであれば、英語圏のエッセンスがたくさん入ったもので英語子育てをして

英語力+世界に出られる力

が育てられる教材を選ぶことは大切

ディズニー英語システムの効果:教材の後に続く動画や本にすんなり移行するために

そもそも幼児英語教材は必要なのか?

結論は、常に一緒にいる親がネイティブでないのであれば必要です!

幼児英語教材は、すごく簡単なセンテンスからスタートして、徐々に段階を経て英語力を高めていくように作られているので、英語圏に育っていない子どもが英語をスタートするためには必要だと思います。 常に一緒にいる親がネイティブであれば不要だと思いますが、常に子供に接する親がネイティブでないなら英語教材は必要です。

いきなり英語でディズニー映画は無理だから

いきなりディズニー映画を英語で見せても、かなり厳しいかと思います。
親も理解できないので途中でやめてしまいますし、そこに出てきた言葉を真似して使ってあげることもできないので難しくなってしまいます。
英語はマネが1番なので、親がすぐに真似して日常生活で使えるようなセンテンスが多く盛り込まれている幼児英語教材が必要です。

参考記事→【楽しい・簡単】英語で子育てする方法【5つのポイントと具体例 】

すぐに真似ができる英語と英語圏の文化の構成→ディズニー英語システム

以下の項目でその良さをお話します。 もうしばらくお付き合いください。

ディズニー英語システムの効果:効果の第1段階

英語力だけ高めるだけの教材は安くてももったいない

英語力が英検やTOEFLなどの結果になっても、英語圏の人たちと仲良くなれて、英語で仕事までできるという意味ではないんです。

英語+英語圏の文化や考え方=英語圏に溶け込める、馴染める

ディズニー英語システムが効果的な理由:第1段階

【ディズニー英語システムを3年〜6年本気ですると】
・ハグやI love you などの文化が子どもに定着
・親子関係が愛がいっぱいなのも子どもに定着
・使えるようになった英文法は中高生並みになっているのでどんな映画でも本でも単語力の少なさはあるものの理解できる
・単語も基本的な動詞、名詞、形容詞などはかなり理解しているので高校生でも知らないような単語を普通に知っていたりする

自分は英語圏の子だと勘違いするほどに

最初の音量が大きいわりに話し出すと小さくなるので音量にだけ注意して見てみてください。(Youtube編集が下手でごめんなさい)

ディズニー英語システムでゼスチャーまで英語圏の子になっちゃう

⇨ディズニーの英語システム無料サンプルプレゼントはこちら

ディズニー英語システムの効果:効果の第2段階

赤ちゃんの頃からディズニー英語システムでディズニーキャラクターと親しみ深くなると、そのまま英語でディズニー映画に導きやすくなります。

ディズニーキャラクターが出てくる歌につなげる

英語圏の子が見るアニメにつなげる

幼児英語  DVD おすすめ しつけと文化を学ぶ Franklin

海外の子ども達が大好きなものはこちらです

幼児英語 DVD おすすめ 海外の子が大好きなもの

最後はディズニー映画につなげる

ディズニー映画も内容は高度なものもありますが、見慣れたディズニーが出てくるので馴染みやすいです。
動物が出てくるもの、昔のディズニー映画は流れもゆっくりなので小さい子にはおすすめです。

幼児英語 DVD おすすめ 乳幼児のディズニー映画

ディズニー英語システムの効果:英語の絵本をママパパも読めるようになる

ディズニー英語システム効果でママパパが絵本が読めるように!

英語が苦手なママパパでもディズニー英語システムで基礎からゆっくり親子で学んでいくうちに、英語の絵本を読んであげられるようになりますよ!
わたしもそうでした!

ディズニー英語システム効果でハグも自然にできる親子に!

しかもディズニー英語システムで英語圏文化に馴染んでいるからこそ、愛情をたっぷりの英語の絵本を自然に受けれられるようになっています。
お子さんを抱き寄せて、いっぱいスキンシップしながら読んであげるとすごく喜んでくれます。
愛情が伝わり、しつけなどについての本について気持ちを共有できるので親子関係がしっかり作れます。

幼児英語 絵本 おすすめ カテゴリー別

ディズニー英語システムの効果:ネイティブ家庭の再現



ネイティブ家庭の再現がしやすくなる

●基本の表現は英語教材(ディズニー英語システム)で

●英語圏の子が見る動画と併用しやすい

●英語圏を意識しているので大人英語が流れていても違和感を感じない
参考記事↓

幼児英語 DVD おすすめ 大人の表現を聞かせる

ディズニー英語システムの効果:まとめ

①ディズニー英語システム

・英語という言語の基本
・英語圏文化の中での子育てをスタート
(スキンシップ・愛情表現・行事や文化)
・日本の中高生並みの英文法を使って話せるようになる

⇨ディズニーの英語システム無料サンプルプレゼントはこちら

 ↓

②英語圏の子どもたちが見る動画を見せる

・ディズニー英語システムからの流れだと自然に入れる
・色々な動画を見せることでボキャブラリーが増え、表現力が増す
・英語圏の色々なしつけや文化により触れられる

③英語圏の絵本を読んであげる

・スキンシップしながら英語圏の文化やしつけを語れるので動画とは違い、親から子へその教えが愛情とともに伝わる
・親と子が同じ瞬間に同じ感動や気づきを得られるのが絵本の良さ

④大人の表現・ニュースをかけ流す

・ドキュメンタリーはニュースは見せるというよりかけ流しておくだけでいい
・かけ流すことで英語圏の子どもが自然に親の会話や流れるニュースなどで耳にする単語も自然に幼い頃から耳に入れることができる
・今は使わない単語でも聞いていることで後々自然に使えるようになる

ここまでネイティブ家庭の再現が可能なのは英語圏の文化がしっかり入ったディズニー英語システムだからこそ!
何事もそうですが、いいのかな? どうかな?と思うのであればトライしてみることが大切です。
お子さんの成長は待ってくれません!

ママパパの決断が今後、高校生くらいまでの子供の選択を作っていきます。


人気記事

●教育費系
家計見直しで固定費削減→年間37万減った【面倒だけどやった方がいい】
子育て中の副業は即収入必須【夢実現を子供の成長は待ってくれない】
【子育て最終章】子供の受験と学費を考える専業主婦の再就職
教育費の貯め方−子供の未来が変わる【今できる具体的な方法あり】
【悲報】子育て費用 ほとんどが学費【結果を出さないと意味がない】

●バイリンガル教育・幼児教育系
【バイリンガル教育あるある】日本語と英語が混ざる時の対処法−5選−
英語で遊んでくれるベビーシッター会社9選【子供もママも笑顔】
おうち英語のかけ流し全集!言語も文化もネイティブ【成功立証済み】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】
【コスパ最強】ディズニー英語システム効果【20歳の娘を育てた結果】
子供の習い事の選び方−親が決める【プログラミング・英語・国語】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】

●受験系
国内国際系学部(英語で授業の大学学部)ほぼ全て紹介
【朗報】家庭教師・個別指導の選び方【反抗期子育ての秘密兵器】
英検2級からのTOEFLの勉強法【はじめの一歩を確実に踏み出す方法】
国内国際系学部(英語で授業)AO入試出願へのロードマップ

●留学系
カナダ親子留学 その1【今すぐ行きたくなる】
【安心】海外留学には楽天銀行デビットカード【緊急時対応付】

●生活系
【家事代行会社6選】月1回家事代行頼む生活は控えめに言って最高
【ドカ食いOK】イエットルーティン【即効性サプリの秘密暴露】


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ