英語の教材を嫌がるようになっちゃって困ってます。 もう飽きたのかな? 高かったのに・・・ 簡単になっちゃったのかな? いずれにしても、気分転換させたいな。でも日本語にはしたくないし・・・子どもが楽しめて、英語を自然に覚えて、子どもの教育にもいいものとかってないかな?

そんなご要望にぴったりの絵本を動画とともにご紹介します

✴︎この記事を書いているわたしは、自分はバイリンガルとは言えないけれど20歳になるバイリンガル娘を育てました。
カナダ親子留学4年間において海外での英語子育ても経験しました。
娘が4歳前から8歳前までカナダに滞在中に、今回ご紹介するFranklinに出会いました。 カメさん一家のあったかいエピソードとともに娘とわたしはあたたかい思い出がたくさんできました。

【英語に飽きさせない】

英語教材ばかりでお子さんに飽きられていますか?
同じものを覚えるまで見せた方がいいって思っていますか?

実は飽きられてから新しいものを用意するより、色々な選択があった方が「英語そのもの」には飽きることはありません。

もちろん日々違うものを見るよりは、ある程度、同じものをたくさん見ることは大切だと思います。

「英語の映像の選択肢を広げておいてあげること」は1年、2年、3年と長い目で見たときに飽きずに英語に触れ続けてくれることにつながると思います。

【ネイティブ家庭の再現を常に意識】

大人から見て難しい内容でも、赤ちゃんにも見せた方がいいと思います。

なぜなら他の記事でも何度も言っていますが、ネイティブ家庭を再現するのであれば、親や兄弟や周りの人は赤ちゃんの前で赤ちゃん言葉ばかり使っていません。

テレビは流れるし、親同士は会話しているし、ニュースもあれば、兄弟姉妹の言葉も聞こえてきます。

赤ちゃんにとってお兄さんお姉さんのような会話でも、見ていて楽しい映像であればじっと見てくれますよ。

【しつけと文化と言語の吸収】

本記事では、記事というより海外の絵本として有名なカメのFranklinのDVDをご紹介します。
おすすめ絵本の記事で絵本も紹介していますが、日本ではやはり映像や音声があった方が英語習得には良いと思います。

※ママパパが読んであげると英語を身近に感じるという意味ではママパパが読む英語の絵本の時間は大切です。

このDVDの良さは「しつけ」「文化」も英語圏のものを吸収できます。
ママやパパも子育てにおいて英語圏と日本の違いを見て何か得るものがあると思います。

【DVDである良さ】

今はYoutube で様々な動画がありますが、DVDである良さは子どもが勝手に見るものを選ばず、親がコントロールできることです。
日本語のコマーシャルも入らないし、次に子どもに見せたくない動画が出る心配もありません。

「次これ見たい〜」って「家にあるDVDの棚」からお子さんが好きなDVDを手にしてくれるので、見せたくないものを勝手に見てしまうことはありません。

以下のContentsの流れで1つ1つご紹介します

スポンサードサーチ

幼児英語 おすすめ DVD しつけと文化を学ぶ:Franklin

Sharing is Caring

シェアすることの大切さを覚えます。
シェアという単語は日本語化されていますが、意外とケアって日本語になっていないのでこの単語を普通に使える中高生って少ないです。
小さい頃からこんなことでも聞いているだけで「知ってて当たり前」になりますね。

しつけにもなりますのですごくいい内容です。

Franklin and The Turtle Lake Treasure

Treasure っていう単語も知っている人からすると当たり前ですが、日本でずっと育つと以外にも知らない人が多いので驚きます。
英語圏にいると当たり前の単語も、日本にどっぷりいると聞かない単語ってあります。
中高生の単語となっている単語でも英語圏だと幼稚園から当たり前に使っていたりします。

Reading Club

英語の本も読ませたいな、読めるようにさせたいなっていう時にいいと思います。
まだ読むには早い年齢でも、小さい頃から見ているだけで、「読む」ということに興味を持ちます。

英語圏の学校では絵本からはじまってチャプターブックになります。
色別にランク分けされてバスケットみたいなものに入っていて、自分にあった色の本を読む練習をします。

英語圏は決して競争はさせません。
自分にあったレベルを一生懸命読むことを評価します。

Best Of Franklin


Summer Spectacular

Spectacularもまた難しい単語の1つですね。
こうやって幼児用の映像を見ているだけで、自然に触れられる単語は多いです。


School Days

英語圏の学校の様子をぜひ!

Creepy Clock

これまたCreepy という形容詞も中高生でも知らない子は多いと思います。
え?本当に知らない?って思うかもしれません。
ただ毎日中高生と接していますし、かなりレベルの高い高校生もたくさん見ていますが、あたり前の単語を知らないことは多いです。
教科書に出ていないと覚えていないことは多々あります。



Valentines

日本のバレンタインとは違う英語圏のバレンタインデーについて学べると思います。

Pirate Island

男の子はパイレーツやダイナソーが大好きです。
女の子はマーメイドやフェアリーが大好きです。
それもまた日本とはちょっと違いますね。

Birthday Party

英語圏のバースデーパーティーの様子も見られると思います。

Green Knight

ナイトっていうのもなかなか知らない人は知らないと思います。
絵本や子供向けの映像には中高生単語も多く含まれています。

Trick or Treat

今や日本でもあちらこちらでハロウィンは楽しむようになりましたね。
日本風ではなく、英語圏のハロウィンをお楽しみください。

Gloomy Day

Gloomy も同じくです。
よく使われる単語ですが、なかなか日本の教科書では覚えられない単語であると思います。

Magic Christmas

クリスマスの考え方はかなり英語圏と日本は違いますね。
小さい頃は家族で過ごすけれど、大きくなると恋人同士っていう感覚が日本ですが、海外は恋人同士でもそれぞれの家族と過ごして一緒にいないこともあります。
それだけ「家族」というものを大切にする文化があると思います。
またプレゼントをもらうだけっていう日本の子供の感覚とは違う、家族を子供の方からも思うこと、いたわること、自分も何かを与えることなどを感じてくれると思います

幼児英語 DVD おすすめ しつけと文化を学ぶ:まとめ

【英語圏の親の態度と考え方から学ぶ】

わたしがカナダに行って英語以外に学べたことの1つとして、子どものしつけがあります。

親御さんたちは声を荒げたり、イライラしたりせずに、子どもの目線におりて、肩を抱いて、ゆっくりと話を聞いたり、話したりしていました。

【タイムアウト】

それでも言うことを聞かないと「タイムアウト」と言って別の部屋に行かせます。
閉じ込めるという罰ではなく、冷静になる時間を与えます。
と同時に親も冷静になることができます。

最後もまた子どもの目線で話し、わかってくれたら(わかってくれるように感じたら)、ちゃんと親が子どもに「Thank you.」と言います。
そしてハグをして終わります。

【大人がちゃんと大人】

大人がちゃんと大人だって思うことが多々ありました。
「大人がちゃんと大人」って当然のようですが、日本人の感覚では親になる以上、大人がちゃんと大人でなければっていう意識って少ないと思います。

【日本の典型的な家族】

子どもが面白いことをしてケラケラ笑ったり、ちゃかしたり、おもちゃみたいにしていることが悪気はないんですがあると思います。
そして少し大きくなって親をバカにしてもまた、それを面白いって言って許す文化が日本にはあると思います。

【どちらが良いかではなく選ぶことの大切さ】

どちらが良いか、ということより、どちらも知って「選ぶ」って必要かなあと思います。

【親の頭の中の国際化】

今回のDVDからお子さんの英語環境のみならず、親御さんの頭の中の親子関係の国際化も実現すると思います。

楽しいバイリンガル子育てをお楽しみください♪♪


人気記事

●教育費系
家計見直しで固定費削減→年間37万減った【面倒だけどやった方がいい】
子育て中の副業は即収入必須【夢実現を子供の成長は待ってくれない】
【子育て最終章】子供の受験と学費を考える専業主婦の再就職
教育費の貯め方−子供の未来が変わる【今できる具体的な方法あり】
【悲報】子育て費用 ほとんどが学費【結果を出さないと意味がない】

●バイリンガル教育・幼児教育系
【バイリンガル教育あるある】日本語と英語が混ざる時の対処法−5選−
英語で遊んでくれるベビーシッター会社8選【子供もママも笑顔】
おうち英語のかけ流し全集!言語も文化もネイティブ【成功立証済み】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】
【コスパ最強】ディズニー英語システム効果【20歳の娘を育てた結果】
子供の習い事の選び方−親が決める【プログラミング・英語・国語】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】

●受験系
国内国際系学部(英語で授業の大学学部)ほぼ全て紹介
【朗報】家庭教師・個別指導の選び方【反抗期子育ての秘密兵器】
英検2級からのTOEFLの勉強法【はじめの一歩を確実に踏み出す方法】
国内国際系学部(英語で授業)AO入試出願へのロードマップ

●留学系
カナダ親子留学 その1【今すぐ行きたくなる】
【安心】海外留学には楽天銀行デビットカード【緊急時対応付】

●生活系
【家事代行会社6選】月1回家事代行頼む生活は控えめに言って最高
【ドカ食いOK】イエットルーティン【即効性サプリの秘密暴露】


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ