カナダに親子留学に行くぞって決めたんだけど、学生ビザ取得から実際に生活がスタートするまでの流れが知りたいな。 携帯電話、銀行、車、車の保険、車の修理、健康保険、病院などなど、生活面の色々が知りたいな〜 っていうか車が必要なのかも知りたい。 海外で運転ってなんか不安だし。

本記事ではカナダ学生ビザ取得→カナダ生活スタートまでについてです。車の必要性や車の免許、車の保険、ロードサービス、エアケア、健康保険、病院について1つ1つ細かく説明しています。 これで今すぐカナダにGO!

✴︎この記事を書いているわたしは、自分はバイリンガルとは言えないけれど20歳になるバイリンガル娘を育てました。 娘が3歳11ヶ月でカナダのバンクーバーに親子留学に行き、4年滞在しました。 ビザ取得、車購入、車の修理、車の保険、健康保険、車のロードサービス、銀行講座開設、携帯電話取得、病院へ行く・・・などなど経験しました。

以下のContentsの順番でご説明いたします。

スポンサードサーチ

カナダ親子留学
学生ビザ取得→カナダで生活まで

いったい、どうやってカナダに行くの?って思いますよね。

旅行なら航空券とホテルを取ればいいってわかりますが、留学となるとビザの問題、住居の問題、色々あります。

ビザ申請から現地で生活するまでに必要なことをお伝えいたします。

【日本ですること】

有効なパスポートがあることが前提です。
ETAに関しては学生ビザを取得すると自動的にETAも取得しています。
付き添いビザに自動的にETAが含まれているかは確認が必要です。
ビザに関しては変更もあるので常に確認が必要です。

①日本で私の語学学校を決めて支払いを済ませる。

②1か月弱くらいで入学許可証が送られてくる。
ただ遅れることもあるので早めにしておく。
私の場合、遅れてきてかなり焦りました。

②そこからビザ申請。
今はオンラインです。
昔は大使館面接があったのですが今はオンライン申請、またはフィリピン マニラのカナダ領事館に行くことになります。
ほとんどがオンラインです。
申請料は150ドル。(2018年)
オンラインの場合はクレジットカード決済です。
渡航する2か月前には終えているようにしましょう。
ギリギリは危険です。

③航空券手配

④インターネットで住居探し
数か月間は家具付きのアパートメントが良いと思います。
到着してすぐに家具を買うのは大変だからです。
落ち着いてからお散歩していてお気に入りの地域を回っていると、「VACANT」と書いたアパートメントを見つけたり、ネットでよさそうなアパートメントを見つけたりできるので、そこから「仮住まい」から本格的に「住む」準備をしていくとよいと思います。

⑤到着した日に泊まるホテル
その日にすぐにアパートメントはきついと思います。 布団もないしタオルもないし、色々ないのですぐに生活ができません。 落ち着くまでの2〜3日は安くてもホテルが快適だと思います。

⑥現地の銀行口座開設までに現地通貨が引き出せてすぐに使えるカードをゲットしておく
参考記事(お子さんだけが留学するための記事ですが参考になると思います)
【安心】海外留学には楽天銀行デビットカード【緊急時対応付】

【出発から到着】

①出発
バンクーバーの場合、日本食はたいてい手に入ります。
あまりたくさん持っていく必要はないと思います。

②到着
たいてい朝か昼前に到着なのでホテルに荷物を預けて、その日のうちに以下に続く行動をしておきましょう。 到着日含めて2〜3日はホテルがいいと思います。 その間に必要なもののお買い物をしてしまいましょう。

【到着してからすべきこと】

①カナダの銀行口座開設

バンクーバーの場合、カナダトラスト(TD)
日本人担当者がいます。
予約すると日本人と話せます。
700 W Georgia St, Pacific Center, Vancouver, BC V7Y1A2
604-654-3665

②携帯電話手続き

TELUS やRogers、BCE Inc などがあります。
我が家の親子留学中はTELUSでした。
娘も今、カナダでTELUSです。
SIMフリースマホでしたら、そのまま持って行って手続きすればよいだけです。
カナダの銀行口座がないと手続きできないと思います。
また、日本のクレジットカードでは払えないので、カナダの銀行で作ったデビットカードで支払うようになると思います。(TELUSの場合)

③インターネットプロバイダー

TELUS またはSHAW
となります。
長期滞在の場合、こちらがお得だと思います。

④必要なものの買い物

調味料、水、ミルク、ドリンク、ラップ、ホイル、肉、魚、パスタ、お米、パン、ドレッシング、ケチャップ、オイル、、文具、タオル、ティッシュ、トイレットペーパー、洗濯洗剤、食器用洗剤、柔軟剤、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ハンドソープ、食器、コップ、スプーン、フォーク、ナイフ、包丁、まな板、ザル、ボウル、シーツ、布団カバー、枕、枕カバーなどなど。

けっこうたくさん買うべきものってあるんです。

ここまでである程度の生活はできるレベルまできました。

次にビザ申請に必要な書類についてお話していきます。

ビザ申請必要書類

①入学許可書

PDFとかJPEGのデータになっているのでそのままオンラインビザ申請で使用します。
もしデータになっていない場合はスキャンしてデータ化しておきましょう。

②残高証明(英文でカナダドルにて 学生ビザ申請する本人名義)

1年間生活できると証明できるだけの金額が証明できれば大丈夫です。
親子留学の場合は2人分の生活が1年間できる額が必要です。
家賃、生活費、その他を合わせて大丈夫だと判断される額が必要になります。
1か月に1人1000ドルが目安のようなので、2人分になると(付き添いビザの人も含めて)1か月に2000ドル(約20万弱)×12か月分があることが証明されれば大丈夫です。

③証明写真(データで必要)

撮影日とサイズに指定がありますので注意しましょう。

④パスポートのコピー

顔写真のあるページをコピーしてデータ化しておきましょう。

オンラインでできますが不安な場合はどこかのエージェントを通すという方法もありますが費用がそれなりにかかると思います。
ただそれが問題ないのであればエージェントを通すとラクではあります。

【ビザが却下ってある?】

基本的にはないのですが、就学目的ではなく、永住しようとしているなど、本来の目的とずれていると判断されると却下されるようです。

車は必要?

結論、車は必須です。
もちろんダウンタウンに住んでいると車がなくてもなんとかはなります。
ただそれは一人暮らしならいいけれど、お子さんがいると無理だと思います。

なぜ?

【買い物】

●食材
外食ばかりというわけにもいかないので、食材の買い物が多くなります。
ミルク一つをとっても、大きいんです。
もちろん小さいサイズもありますが、お子さんがいるとあまり頻繁には買い物に出たくないとなると車で大量に買い込んでおく方が便利です。

●日用品
トイレットペーパーやシャンプーなどなど。
大きかったり重かったりしますよね。
また洋服や靴など、お子さんのものを買ってもかなり荷物になります。

●おもちゃ
海外のおもちゃは大きいです。
もちろんネットで買えるんですが、お子さんは見て買いたがりますよね。

【プレイデイト】

お子さんとお子さんが遊ぶことを「プレイデイト」っていいます。
女の子同士、男の子同士でもそういいます。
カナダは幼稚園も近所とは限らないし、小学校も遠くから通っていることもあります。
カナダの方にとっては近所だとしても、歩いていける距離ではないんです。
そのため、プレイデイトの時は、遊ぶ場所となる方の親が学校帰りに子供たちをピックアップ(お迎え)して、家に連れて行き、あらかじめ「何時まで」と決めているので、その時間に片方の親がその家にお迎えに行く、という流れが通常です。
そのため、車がないと「プレイデイト」ができなくなっちゃいます。

【スクールバス利用は?】

スクールバスはたいていの学校にあります。 
ありますが、乗っているのは年齢の大きな子たちが多いです。
我が家も車がない時(買うことを躊躇している時)は、娘をスクールバスに乗せていました。
我が家の前まで来てくれて便利なのですが、娘にとってはあまりいい思い出ではないようです。
なぜなら、スクールバスが学校を出るのが夕方遅くです。
高学年のお兄さんお姉さんの授業が終わったり、部活が終わるのを低学年はただひたすら待っているんです。
ホームワークをしたりしてもすぐ終わってしまいます。
お友達と遊んで待っていればいいと思ったんですが、同じような年齢の子はいなかったみたいです。
家の前にバスが到着した時には、いつもぐったりして寝ていました。
お兄さんお姉さんがその姿を
”So cute!!”
とか言ってくれてはいましたが、なんだかかわいそうになって車を買うことにしました。

車の免許・保険・ロードサービス

【カナダの免許を取得】

必要な書類(以下に記載しました)が揃ってから以下の住所に持っていくと手続きができます。

〈ICBC 運転免許センター Driver Licensing Office〉
221-1055 West Georgia St.
Vancouver V6E 3R5
800-950-1498

【必要なもの】

・日本の免許証
・国際免許証(日本で取得しておいてください)
・パスポート
・ビザ

☆もし国際免許証がない場合は、バンクーバー、ダウンタウンに日本領事館があるので、そこで日本の免許証の翻訳依頼をするとしてくれます。
それが有効になります。
20~25ドルくらいかかると思います。
免許証は1か月ほどで手に入ります。

★日本領事館(バンクーバー)
1177 W Hastings St #900, Vancouver, BC V6E 2K9

【車の保険】

とにかく高い!
BC州(ブリティッシュコロンビア州)バンクバーがある州は特に高い!
平均が年間で$1680(約15万)
10代、20代ですともっと高いです。

<注意〉
日本で加入していた保険会社から英文で無事故証明などを出してもらう必要があります。
無事故年数が多いと割引されます。
詳しくはICBCのホームページで確認してみてください。

【ナンバープレート】

ICBCにて行われます。

【ロードサービス】

JAFのようなロードサービスにも加入しておきましょう。
バッテリーが上がってしまったり、カギの閉じ込め、事故、故障など色々なところで便利です。
BCAAという会社になります。

車は安い?

中古車を買いましたが、日本のようにめちゃくちゃ安い中古車というのがないんです。

今からかなり前、2004年くらいで100万円くらいの値段でスズキのセダンでした。
スズキって軽自動車じゃないのがあったんだ!
なんて驚きました。
トヨタのRAV4もあったんですが、エアコンなしだったんです。
夏は涼しいのでエアコンはいらないんですが、冬にエアコンがないとかなり厳しいので、エアコンがあって100万で日本車ってことでスズキのセダンにしました。

まあ4年間、よく走ってくれました。
「親子留学期間」と考えるとまあよかったのでは?と思います。

車検はある?

【エアケア】

日本のような細かい点検をする「車検」はありません。

バンクーバーでは「エアケア」という排気ガスの数値だけを調べることが義務付けられています。

「エアケア」には有効期限があり、期限が切れる前にまた「エアケア」をしなければなりません。

エアケアに引っかかると、また費用がかかるので(23ドルくらいだったと思います)、エアケアに出す前に点検しておくと良いと思います。

【点検・修理】

わたしは1年に1度、日本人の修理屋さんに頼んで点検してもらっていました。
やっぱり車生活なので、車が故障すると大変です。
1年に1度の点検は必要だと思います。

カナダ(BC州)健康保険

【加入資格】

6か月以上カナダに滞在し、学生ビザを持っている場合で、ビザの有効期限が6か月以上j残っている場合は加入できます。

【保険料と医療費】

保険料は月に1人75ドル(変更する可能性ありますので確認してください)
カナダのバンクーバーがある州、ブリティッシュコロンビア州の健康保険は、MSP(Medical Services Plan) というところになります。
加入すると基本的に医療費は無料ですが、歯医者と薬代は別になります。

【加入方法】

申請用紙をダウンロードします。
MSPのホームページより
ご記入後にビザのコピーと一緒に以下の住所に郵送すればOKです。
(ワーホリの場合は追加書類が必要になります)
Health Insurance BC, Medical Servicves Plan
PO Box 9678 Stn Prov Govt, Victoria BC, V8W 9P7

カナダの病院

カナダでは病院といっても色々あります。

【Walk in Clinic】

ファミリードクターがまだいない時は近所のWalk in Clinic に行けば診察してくれます。
ただかなり待ち時間が長いです。
Family Doctor を紹介してくれることもあるようです。

【Family Doctor】

カナダ人のほとんどがFamily Doctor を持っています。
良さはずっと同じお医者さんなので、他にどんな薬を飲んでいるか、病歴などを把握しておいてくれることだと思います。

【Specialist】

大学病院みたいな感じです。
Walk in Clinic やFamily Doctor では判断できない、処理できないような病気になると紹介してくれるようです。

カナダ親子留学 相談できるエージェント

行きたいな〜 憧れるな〜 って思っているだけではいつまでたっても行けません。 なぜならいくらかかるのかなど具体的なことがわからないので、計画も立てられないし、お金もどうやって貯めるかがわかりません。

行けない人=お金がない人じゃない!
行けない人は、最初の一歩も踏み出せない人

カナダ留学(手続き無料の留学エージェント)

⇨カナダジャーナル公式サイトはこちら

スマ留

⇨スマ留公式サイトはこちら

カナダは安全でフレンドリーな国です。特にバンクーバーは安全で住みやすいです。ぜひお子さんの英語力と未来の可能性のために親子留学、チャレンジしてみてください!

というわけで以上です。
質問はTwitterから受け付けますので、お気軽にどうぞ。
Borderless Kids(@borderlesskids)Twitter


人気記事

●教育費系
家計見直しで固定費削減→年間37万減った【面倒だけどやった方がいい】
子育て中の副業は即収入必須【夢実現を子供の成長は待ってくれない】
【子育て最終章】子供の受験と学費を考える専業主婦の再就職
教育費の貯め方−子供の未来が変わる【今できる具体的な方法あり】
【悲報】子育て費用 ほとんどが学費【結果を出さないと意味がない】

●バイリンガル教育・幼児教育系
【バイリンガル教育あるある】日本語と英語が混ざる時の対処法−5選−
英語で遊んでくれるベビーシッター会社8選【子供もママも笑顔】
おうち英語のかけ流し全集!言語も文化もネイティブ【成功立証済み】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】
【コスパ最強】ディズニー英語システム効果【20歳の娘を育てた結果】
子供の習い事の選び方−親が決める【プログラミング・英語・国語】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】

●受験系
国内国際系学部(英語で授業の大学学部)ほぼ全て紹介
【朗報】家庭教師・個別指導の選び方【反抗期子育ての秘密兵器】
英検2級からのTOEFLの勉強法【はじめの一歩を確実に踏み出す方法】
国内国際系学部(英語で授業)AO入試出願へのロードマップ

●留学系
カナダ親子留学 その1【今すぐ行きたくなる】
【安心】海外留学には楽天銀行デビットカード【緊急時対応付】

●生活系
【家事代行会社6選】月1回家事代行頼む生活は控えめに言って最高
【ドカ食いOK】イエットルーティン【即効性サプリの秘密暴露】


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ