イギリスのサマーキャンプってどうなんだろう?
イギリスって敷居が高そうって思いますか?

本記事ではイギリスサマーキャンプの良さについてのお話と、実際のサマーキャンプのご紹介しております。
そしてそのキャンプをご紹介している留学会社もいくつかご紹介しています。

実際のサイトから直接申し込みもできますし、不安な方は日本の留学会社を通すこともできます。

検索しているだけで、ちょっと旅気分にもなれます。
今年じゃなくても、数年後にって考えて計画するのも楽しいと思います。

本記事は2019年の情報です。

✴︎この記事を書いているわたしは、自分はバイリンガルとは言えないけれど20歳になるバイリンガル娘を育てました。
カナダ親子留学4年間において海外での英語子育ても経験しました。
娘は4歳前から8歳前までカナダに滞在、その後、小6まで日本のインターナショナルスクールに通い、中学で始めて日本の学校に通いました。
弟がイギリスに留学経験があり色々聞いています。 弟は今、その英語力を生かして大手銀行に勤めており今はアメリカで勤務しております。

スポンサードサーチ

イギリスのサマーキャンプは日本人少ないから子供の英語にいい環境

【日本人が少ない】
イギリスのサマーキャンプはアメリカやカナダ、オセアニアと比べると日本人が少ないことが特徴だと言えると思います。
時期や場所にもよるのですが、他の英語圏と比べると少ないと思います。

【アジア人も少ない】
またアメリカやカナダやオセアニアは日本人だけでなくアジア人がとても多いですが、イギリスのサマースクールにはヨーロッパ各地からのお子さんたちが参加しています。
アジア人がいけないとか、嫌いとか、差別とか全くないんですが、いつも生活している日本ではあまり見ないお顔の人たちと夏を過ごすことも良い経験になるかと思います。

【見慣れない人種に慣れる】
日本では金髪の子、茶色い髪、赤茶の髪、髪の毛の同い年の子と接する機会はほとんどありませんよね。
目の色が青かったり緑だったりする子を身近で見たことがなかったりすると思います。

日本人は大学留学をしても、アジア人とは仲良くなれるのに、白人だとビビるっていう人も多くいます。
小さい頃から色々な人種の方々と触れ合うことで、本当の意味での世界に融合できる人になっていけるのではと思います。

イギリスサマーキャンプ :いくつかの例

ご自身でGoogle 検索するだけで多くのサマーキャンプが出てきます。
英語で検索するとそのサイトにたどり着きます。
一度、ご自身でもやってみると色々な発見があると思います。

ここではいくつかのサマースクールをご紹介してみました。
学校名をクリックするとそのサイトに行けますので現地のサイトもご覧になってみてください。

Millfield School

日本人が少ないキャンプとして有名です。
ヨーロッパなので英語が比較的上手なヨーロッパの子供達が来ているのですごくいい環境です。

このMillfield Schoolは本来ボーディングスクールで、このサマーキャンプの内容や安全性が素晴らしいということでランゲージトラベルマガジンからサマープログラム部門で賞をもらっているサマーキャンプです。

キャンパスが3つに分かれていて、それぞれで、スポーツやアクティビティ、クッキングや語学、写真、プレゼンスキル、ファッション、フィルム、プログラミング、ミュージカル、リーダーシップなど、数えきれないプログラムがあります。

●対象年齢:6〜12歳、12歳〜17歳
●滞在:寮
●場所:ロンドンから約3時間

St. Bede’s

St. Bede’s は数多くのコースがあるので年齢や内容にあったものを選ぶことができます。

Little Explorerコース
●対象年齢:6-11歳
●滞在:寮かホームステイか選ぶ
親子留学も可能
●場所:Eastbourne

Young influencersコース
●対象年齢:10歳-14歳
●滞在:寮
●場所:Handcross Park School

Adventure in Englishコース
●対象年齢:9歳-13歳
●滞在:寮
●場所:Windlesham House School

Adventure in English コース
●対象年齢:12歳-16歳
●滞在:寮
●場所:Claremont Independent School

English Plus コース
●対象年齢:12歳-17歳
●滞在:寮
●場所:Dicker

English Plus コース
●対象年齢:13-18歳
●滞在:寮
●場所:Lancing College

Rugby School

Rugby Schoolは授業数が多いことが特徴です。
英語の勉強をしたい人にはおすすめ。
英国名門私立寮生制学校の1つで、エリザベス1世の時代に創立されました。
ラグビー発祥の地として有名。

●対象年齢:12〜17歳
●滞在:学生寮
●場所:イギリス中部のウオリックシャー州ラグビー

Earlscliffe

Earlscliffeはトップ大学を目指す学生が通うインターナショナルスクールです。
サマースクールもこの学校のスタッフが運営しています。
比較的上級者向けで、英検だと準1級レベルくらいは必要です。

アットホームでケアが行き届いていて落ち着いた雰囲気なので、ちょっとシャイなんだけれどっていう子にもいいと思います。

Mini MBA
Global English
Uni-Prep
という3つのコースがあります。

●対象年齢
Global English 13-17歳
MIni MBA 15-17歳
Uni-Prep. 16-17歳

●滞在:寮
●場所:ロンドンから1時間のケント州フォークストーン

イギリスサマーキャンプ:ハリーポッターやナルニアの世界へ

ハリーポッターの世界を感じられる夏。
ハリーポッターの、ナルニアの、あのブリティッシュイングリッシュに触れられる夏も良いかもしれません。


人気記事

カナダ親子留学 その2【ビザ取得→カナダ生活スタートまで】
カナダ親子留学その3:子供と楽しむ場所【キッズプログラム情報有】
【コスパ最強】ディズニー英語システム効果【20歳の娘を育てた結果】
【20歳の成功事例】ディズニー英語システムの効果【英語+α】
おうち英語のかけ流し全集!言語も文化もネイティブ【成功立証済み】
バイリンガル教育の方法:親の英語力UP方法
【朗報】家庭教師・個別指導の選び方【反抗期子育ての秘密兵器】
インターナショナルスクール学費と効果【コスパ最強の英語教育】
子供の習い事の選び方−親が決める【プログラミング・英語・国語】
家計見直しで固定費削減→年間37万減った【面倒だけどやった方がいい】
英検2級からのTOEFLの勉強法【はじめの一歩を確実に踏み出す方法】
英語で遊んでくれるベビーシッター会社8選【子供もママも笑顔】

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ