日本に住んでいて
日本の学校に行く予定なら
両親ともに外国人だとしても
日本語の心配は不要

なぜなら
通う学校で使われている言語が強くなるから


【通う学校の言語が強くなる理由5つ】
①子供は仲間にとけ込むために学校言語にどっぷり浸るから
②学校は読み書きをする場所だから読み書きまで伸びる
③学校ではもめ事が頻繁にあるから交渉術も身につく
④学校では日常会話のみならず教科書単語まで身につく
⑤家庭は日常会話の話し言葉止まりになり学校には負ける

この記事を書いている私は娘を日本で子育て⇨日本の英語の幼稚園⇨カナダで子育て⇨日本のインターナショナルスクール⇨日本の中高⇨途中でアメリカ留学もあり⇨カナダの大学、という子育てを通して、娘の言語の変化を見てきました。 いくら家庭で頑張っても学校で使われる言語の勢いには負けることをどちらにいても感じてきました。


【この記事を読むメリット】
●バイリンガル子育てをしていて外野が「日本語大丈夫?」とウザいことを言って来た時にも堂々としていられるようになる
●今後、日本語の心配よりも英語が日本語に負けないようにすることに集中して気持ちと時間と費用をかけられるようになるから英語が日本語に負けなくなる


それでは本当に通う学校の言語の方が絶対に強くなるのか、なってしまうのか? を上記にあげた5つの理由を深掘りしていきます。
サクッと2分以内で読める内容になっているのでお気軽に読み進めてみてください。

スポンサードサーチ


バイリンガル教育の日本語の心配は日本在住者不要−学校言語が強いから

繰り返しになりますが、日本に住んで日本の学校に行かせるのであれば、バイリンガル教育を小さい頃にどれだけしていたとしても、残念なことに英語は日本語にボロ負けします。


そのため、親戚や義父母が

バイリンガルなんて言ってるけど、日本語が苦手なんて許さないよ! 
まずは日本語でしょ!
あなたの教育は間違ってるよ!


な〜んて言ってきてもスルーしてOK!


そんな外野の声を聞いてしまった人が「小さい頃だけのバイリンガル教育」で終わってしまい、「あれは何だったんだろう?」という結果に終わってしまう人です。


そんな外野の雑音をスルーするために続きを読み進めてみてください。
⬇️


バイリンガル教育に日本語の心配がいらないのは子供は仲間にとけ込むために学校言語にどっぷり浸るから

子供って巣立っていこうとする本能みたいなものがあるなって思います。
ママパパのことも大好きだけど・・・

●いつまでもママパパに甘えていてはカッコ悪い
●仲間外れにされたくない
●学校で居場所がなくなるのは怖い
●授業についていけないと困る
●流行りに乗ってかっこ良くいたい

とか思うので、ママパパと離れている不安な分

親と離れている時=学校にいる時間

も心地よくいられる工夫をして生きていっています。


要するに親がいなくても生き延びていけるように頑張っているわけです。

その分、家にいる時より「必死」なわけです。
だから学校で話されている言語が強くなっていきます。


そのため

●日本に住んでいるならば
●日本の学校に行くのであれば

いくら小さい頃に英語子育てを頑張っていて英語しか話せなかったとしても

小学校1年生から日本の学校に行く
⬇️
悲しいくらいに日本語の方が強くなる
⬇️
英語を話す機会がほとんどなくなる
⬇️
英語を話させようとしても嫌がったりもする


こんな現実になるので、子供が小さい頃に

バイリンガルなんて言ってるけど、日本語が苦手なんて許さないよ! 
まずは日本語でしょ!
あなたの教育は間違ってるよ!


な〜んて言われても、完全スルーしましょう!


そして出来るだけ英語を伸ばせるだけ伸ばしておくのが正解です!


バイリンガル教育に日本語の心配がいらないのは学校は読み書きをする場所だから読み書きまで伸びる

【読み書きを教えるのは大変】

家庭で英語をいくら話しかけていても、かけ流しをしていても、読んだり書いたりを親が教えていくのはけっこう大変です。

しかも必要に迫られていない中での「英語の読み書き学習」を「家庭で継続」させるのは大変困難です。


【アルファベットを書くまでは何とかなるけど】

アルファベットを書かせたり、簡単な単語を書かせるくらいまではスムーズにいくんですが、作文を書かせたり、正しい文法で書かせることまでを視野に入れるならば、けっこう教えるのも難しいですし、親の英語力もかなり問われてきてしまいます。


【成長するほどに扱いが難しくなる子供】

大きくなればなるほど、親の言うことを素直には聞かなくなりますし、学校のお友達はしていないことをさせられていると


泣く女の子

ヤダ〜!! なんでわたしだけ? みんなやってないのに〜 宿題じゃないのに何でやるの? もう遊びたいよ〜


みたいになっちゃいます。

学校の勢い、影響力はすごいので、家庭で日本語の読み書きレベルまで英語を持っていくのは至難の技となります。


だから小さい頃にせめて「聞く」「話す」までの日常会話くらいはペラッペラにさせておかないとです。

姑や親戚や口うるさいママ友に何を言われても我が道を行った方が未来の子供から感謝されます!


バイリンガル教育に日本語の心配がいらないのは学校ではもめ事が頻繁にあるから交渉術も身につくから

子供は頻繁にケンカをします。

大人もそうですが、ネガティブなことが起こるほどおしゃべりになります。


学校では

・理不尽なこと
・勘違いされること
・イジワルわれること
・ルールを守らない人がいる


など物申したくなることが多々起こります。


そんな時に子供は頭や心をフル回転させて

・自分の意見を言ったり
・反論したり
・理屈を述べたり
・条件をつけて交渉したり


をしていきます。


そんなことから学校言語での交渉術などが身について、大人も驚くほどの理屈を順序立てて言えるようになったりします。


日本の学校に行っていたら、日本語が強くなって当たり前ですね。


それに打ち勝つには家庭では英語で子供にケンカを売っていくくらい英語環境にしておかないと小さい頃にどんなに英語を頑張っていても・・・

英語は日本語にボロ負けしてしまいます。

そのため小さい頃に

バイリンガルなんて言ってるけど、日本語が苦手なんて許さないよ! 
まずは日本語でしょ!
あなたの教育は間違ってるよ!


こんなことを誰に言われても

完全スルー

しましょう!


バイリンガル教育に日本語の心配がいらないのは学校では日常会話のみならず教科書単語まで身につくから

家庭で英語を頑張っていたとしても、以下のようなボキャブラリーを使いますか?

・林業
・光合成
・法律
・静脈
・垂直
・革命
・緯度、経度
・細胞

使わないですよね?

TOEFLやIELTSを将来受ける時にようやく覚える、といった順番になるはずです。
TOEICや英検止まりになれば一生そんな英単語にお目にかからないと思います。


とはいえ・・・
そういう教科書に出てくる英単語をアメリカ人やカナダ人やイギリス人やオーストラリア人やニュージーランド人やアイルランド人はいつ知るんでしょうか?


外国人の男の子

僕は小学校5年生だけど、林業も光合成も緯度も経度も細胞も法律も革命も垂直も静脈も全部知ってるよ(もちろん英語で)


そりゃあそうですよね! 英語圏の学校に通っている英語圏の子であれば、小学生がTOEFL単語を知っているってことです。

家庭で
化学・地理・歴史・生物・・・
などを小学生に教えるってことは

●TOEFL単語を教え込んで
●読めるようにして
●書けるようにして
●聞けるようにして
●意味まで理解させて

ってことなので
ほぼ無理だと思います。

だからせめて日常会話くらいは小さい頃に英語漬けにしちゃった方がいいですよね。

絶対に後から、英語は日本語にボロ負けするんだから。


子供が小さい頃に


バイリンガルなんて言ってるけど、日本語が苦手なんて許さないよ! 
まずは日本語でしょ!
あなたの教育は間違ってるよ!

な〜んて言われても

完全スルー

した方が良さそうですね。


家庭は日常会話の話し言葉止まりになり学校には負けるから

「おうち英語」を頑張っていくことは大切なことです。

【おうち英語のメリット】
●自然に英文法をマスターできる
●英語が「ただの教科」ではなくコミュニケーションの手段だと理解できる
●自然に多くの単語を覚えられる
●日常会話なら高校生、大学生、一般の社会人も驚くレベルまで上達する

とはいえ、繰り返しになりますが、おうちでは出来ないこともたくさんあります。

【おうち英語では出来ないこと】
●英語を話せないと生きていけないという危機感を持たせる
●小学生以上レベルの読み書き
●身を守るための巧みな交渉術
●教科書レベルの英語の単語を覚えてその分野について英語で理解すること


おうち英語を頑張っていると確かに大人顔負けのおしゃべりが英語で出来てしまいます。 

その価値はすっごいです!

だから「おうち英語」はやった方が、頑張った方が断然いいんですが・・・

残念ながら日本の学校に通うならそのおうち英語で身につけた英語力は将来身につく日本語力にボロ負けします。


だから何度も何度も繰り返しますが・・・
日本語の心配とかする外野の声は完全スルーでいいです。



孫が日本語をしゃべってくれないなんて悲しいね〜 英語なんて興味あるかわからないのに無理やりママにさせられてかわいそうに・・・


なんて言われても・・・


怒ってるお母さん

これからの時代に英語が出来ない子に育てる方がよっぽどかわいそうなんじゃい!  日本語は大丈夫なんです! 説明しても無駄だからしませんが、大丈夫です!


と戦わず・・・



心でイライラしていたとしても

そうですよね〜 日本語もちゃんとやらないとですね〜


とか言っておいて

😜

英語をバリバリ頑張りましょ!


きっと

●バイリンガルになった時には・・・
●英検1級とか合格した日には・・・

うちの孫ね〜 
英語がペラッペラなのよ〜! 
英検1級ですって〜
すごいでしょ〜


な〜んて結局自慢してくれますから!


そして何より

世界一愛する我が子の
たった1度きりの人生が
広い広い地球の中の
日本という島でしか選択肢がない
とならず
地球規模の人生になったら
どんなに素敵でしょう!!


先日、こんなツイートをしました
⬇️

私のもとに
生まれてきてくれた娘

一度きりの人生を
せっかく地球という
美しい星に生まれたんだから

日本にしか住めない
日本人しか友達いない

という日本という島だけに
閉じ込めることはしない

と決めたんです

せっかく地球人だから
地球上で幸せを見つける
基盤をギフトしたかった


わたしは英語が出来るエリートを育てたかったわけじゃなく、地球に生まれた娘を出来る限りの地球人にさせてあげたかった・・・というだけです。

それでもかなりの価値があると思っています。


英語子育てを頑張るママパパさんが、外野の批判に負けずに地球人を育てていけますように・・・


今回は以上です。
最後まで読んでいただいてありがとうございます。


人気記事

●教育費系
家計見直しで固定費削減→年間37万減った【面倒だけどやった方がいい】
子育て中の副業は即収入必須【夢実現を子供の成長は待ってくれない】
【子育て最終章】子供の受験と学費を考える専業主婦の再就職
教育費の貯め方−子供の未来が変わる【今できる具体的な方法あり】
【悲報】子育て費用 ほとんどが学費【結果を出さないと意味がない】

●バイリンガル教育・幼児教育系
【バイリンガル教育あるある】日本語と英語が混ざる時の対処法−5選−
英語で遊んでくれるベビーシッター会社9選【子供もママも笑顔】
おうち英語のかけ流し全集!言語も文化もネイティブ【成功立証済み】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】
【コスパ最強】ディズニー英語システム効果【20歳の娘を育てた結果】
子供の習い事の選び方−親が決める【プログラミング・英語・国語】
子供が小中学生のうちに見せておきたい洋画66選【感性と英語が育つ】

●受験系
国内国際系学部(英語で授業の大学学部)ほぼ全て紹介
【朗報】家庭教師・個別指導の選び方【反抗期子育ての秘密兵器】
英検2級からのTOEFLの勉強法【はじめの一歩を確実に踏み出す方法】
国内国際系学部(英語で授業)AO入試出願へのロードマップ

●留学系
カナダ親子留学 その1【今すぐ行きたくなる】
【安心】海外留学には楽天銀行デビットカード【緊急時対応付】

●生活系
【家事代行会社6選】月1回家事代行頼む生活は控えめに言って最高
【ドカ食いOK】イエットルーティン【即効性サプリの秘密暴露】


にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ